助産師 西田啓子のつぶやき

母と子の心と体に触れる日々の中で、感じたこと・伝えたいことをつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男性育児講座

25日(土)に、保育所の子育て講座として「男性育児講座」

のようなものをさせていただきました。

たくさんのパパやママにご参加いただき、感謝しています。

私は、男性だから女性だからではなくそれぞれができる事を

できる人がやっていく。という形が今の社会には必要なのかなと

思っています。

「子育てを手伝う」とかではなく、子育てはお互い二人の仕事です。

二人ですることが原則だと思います。

けれど、得意なこと不得意なことお互いにあります。どんなに頑張っ

手も早い時間帯に帰ってこれないパパの仕事状況もあります。

どうやっても、子どもとのかかわりが苦手な人、家事が苦手な人

いますよね。色々です。

出来ないことを無理やりやることよりも、できることを

できる人がやっていった方が効率的です。

パパが片付けや料理を担当して、ママは子育てに専念って

ご家庭もあります。

パパの方が子どもの扱いが上手なので、パパが遊びを担当

しているご家庭もあります。

パパだから、ママだから、男だから、女だからではなく、

お互いの得意分野を認め合って育てていけたら楽なのでは

ないでしょうか。

核家族化、ご近所とのつながりが希薄になってきた現代、家族の中で、

家族として力を出し合うことが大切なのでないでしょうか。

ただ、育児に関しては経験もありませんし、何をやっていいかわからない

パパやママたちも多くいらっしゃいます。

手を出せばママに叱られたり、文句を言われたり・・・(^_^;)

だから、パパにもできることを増やしていけたらなと思います。

そして、そんなに大したこと絵はないんだということを知ってもらいたい

のです。

今回は、「産後のママのからだについて」 「赤ちゃんのいる生活」

「赤ちゃんの発達」 「よくある困りごと」

等のお話をさせていただき、途中、さまざまな月齢年齢の子どもさんの

遊び方や動き、抱っこの方法など、実際に動いている赤ちゃんを見て

いただきながら目の前で、「解説」??(^_^;)

させていただいたので、とてもわかりやすかったのではないかと思います。

ご質問も活発にしていただき、それぞれの悩みを共有することで

「今後こんな悩みもあるんだな~」 とか「少し前までそんなことあったよな~」

とか、様々なおもいで聞かれていたのではないでしょうか。

何より、ご夫婦でほかのご家庭の子育ての悩みを知るということはとても

大切!!

私もとても学びになりました。

皆様お疲れ様でした。ありがとうございました。<(_ _)>



スポンサーサイト
[ 2017/02/26 12:34 ] 子育て | TB(-) | CM(-)

離乳食

最近の離乳食状況は、まとめ作り、一回分の計量、冷凍ストック。

といったところでしょうか。

まとめて作って、冷凍し、食事時に解凍・・・・

そして、ストック分は何グラムと一回分づつ計って

小分けという感じですかネ?

しかし、これをいつまでやるのか???

大体情報というものは、これこれしましょうとか、こんな方法が

ありますとか、やることは書いてあるけれど、じゃあ、この方法

をいつまでやるの?

やめ時っていつなの???

という情報はほとんどありません。

これを続けることに疲弊してしまい、子育てから逃げてしまいたくなる

ママたちもいらっしゃいますね。

そうなんです!!

1歳過ぎ、2歳過ぎ・・「いつまでするの??これ!!」

そこがとても悩みどころ。

もっともっと簡単な方法があるんですけれどね。

最初は目安として、数字を目安にすると安心できるんです。

でも、いつの間にかその数字に縛られていくのです。

一回量を食べないとか、食べ過ぎるとか・・・

はたまた、毎回計ることがつらい・・・などなど。

私は、なぜ計るかと言えば、量をきちんとする事が目的ではなく、

「大体の目安量を知る」目的で計ってほしいと思います。

(もちろん私たち世代は離乳食を計ってあげていた人は非常に少なかった

のではないかと思いますが...)

80gといえば大体お茶碗のこれくらいね・・・程度の目分量を知るという

事が大切。子育てって少しアバウトでいいのです。

まとめて作って、ストックして、計って・・・・

大体9か月ころ(3回食あたり)で皆さん疲れて辛くなってきます。

辛くなってきたら考え時、方法を変え時…

大人の食事からのとりわけ方法などを考えて行かないと、毎日3回食は

ホントにつらくなります。

辛い思いして作った離乳食は何としても食べてほしくなり、残されたり

投げられたりすると、ほんとにイラ!!っときますよね (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

そうなると赤ちゃんの方も食事が楽しくなくなってしまいます。

離乳食は量も内容も大切ですが、それ以上に「食べることは楽しいこと」

これを覚えていくことが一番重要だと私は思っています。

離乳食ってまとめて作って、計って、冷凍して・・・って思い込んでいる方が

多いようなのですが、「そうでもないのですよ」ということを知ってください。

そして、もし方法がわからなかったり、やめ時が見つからないとき、辛くなって

しまったときには、是非ご相談ください。

個別性のある、楽しい方法を考えていきましょう。
[ 2017/02/18 13:10 ] 子育て | TB(-) | CM(-)

パパが嫌い?

今回は、よくあるパパに関するご相談について書いてみます。

まず、4か月前後・・・社会性が出てくる時期です。

よく見る顔とそうでない顔が少しづつ判別できる月齢になります。

そうすると、パパが帰ってきてパパの顔を見ると大泣きしてしまい

どうにもならない。または、パパが帰宅拒否になってしまいそう。

なんていうご相談がしばしばあります。

これは、一番一緒にいて一番顔をよく見るママとたま~に見る

パパの顔との区別がつき始めたという、実は喜ばしいことなんですね。

記憶の成長も関係していると思いますが、パパにとってはなかなか

つらい試練の時期かも…です。

でも、パパとママが仲良くお話したり、一緒にいる姿を見ていると

徐々に、「大好きなママが嫌っていないのなら、まんざら悪い人では

ないのかも・・・」と、赤ちゃんもパパという存在を認めて行けるようなのです。

パパが決して嫌いなわけではないので、気分を悪くしてママに八つ当たり

など決してしないでね。それこそ、「パパは怖い人、大好きなママを困らせる人」

になってしまいます。

「これも成長の一つ」と思い、広い心で時期を待ちましょう。


また、パパが「こっちおいで」と言っても一向に近寄らなかったり

だっこしようとしても嫌がったりすることは、もう少し大きくなって、

8~11か月くらいで見られることがあります。

そんな時、パパの接し方を少し考えてみてください。

パパの都合でだっこしようとしたり、赤ちゃんが遊んでいるときに

急に話しかけたり抱き上げようとしたりしていませんか?

また、ハイハイなど動くようになると、物に触ったり、おもちゃで遊びながら、

大人の顔を振り返ることが良くあります。

これは、「ほら見て、私触れたよ。とか、音が鳴ったよ!!」

など、赤ちゃんが感動や喜びを大人に伝えて共感してほしい時

があります。そんな時、パパは携帯ゲームやテレビに夢中になって

いて赤ちゃんのしぐさに気づかなかったりすることがありませんか?

あかちゃんからしてみれば、見てほしい時には見ててくれないのに、

抱っこしたい時だけ「おいで」とか言われてもねえ・・・・・って、

赤ちゃんは感じてるかも・・・(・.・;)

小さな赤ちゃんでも良く分っているようですよ。

一緒に楽しんでくれたり、自分の要求をわかってくれる人を!!

パパにしてみれば、普段一緒にいない赤ちゃんのどんなところを

みればいいのかわからないと思いますが、赤ちゃんに興味を持って

ください。

赤ちゃんにとってはすべてが初めて接するものなので、オトナに

とっては当たり前のことがとても楽しいのです。

カーテンが揺れることが不思議だったり、ドアが開いたりしまったり

することだけでも面白かったり、赤ちゃんを見ているとどんなことでも

不思議で楽しいんだな・・・って思います。

赤ちゃんの動きをみているとそんな感動がきっと伝わってくると思うん

ですよ。

そんな風にごそごそ動いている赤ちゃんを見ているとこちらもとっても

楽しくなります。そんな時に、ふと赤ちゃんと視線が合うと、自然ににっこりと

笑いあったりすることが出来るかも・・・・

赤ちゃんにとっては、ゆったりと見守ってくれている、そんな瞬間が

とても安心できる時間なのではないでしょうか。
[ 2017/02/16 20:26 ] 子育て | TB(-) | CM(-)

産前産後のお引越し

 赤ちゃんが生まれるということは家族が増えるということです。

 なので、妊娠中や産後すぐにお引越しを考える方も多い

 ようです。

 でもね、妊娠中と産後早期のお引っ越しは本当に要注意です。

 産前産後はとても母体にとっては負担がかかっている時期です。

 自分の体の中でもう一つの命を育てているわけですからね!!

 当然、母体の内臓にも負担はかかってきます。疲れも取れにくかったり、

 疲れやすかったり・・・・

 そんな時に、通常のからだでも疲れる引越しは相当の負担を

 考えておかなければなりません。

 引っ越しはダメというのではなく、「少々大丈夫だろう」といった油断を

 しないでほしいのです。

 肉体疲労だけでなく、環境が変わることで精神的な負担も多く

 なります。何やかんやの手続きもひっきりなしです。

 妊娠中、産後、とわかって引っ越すのですから、パパや周囲の方も

 それなりの覚悟で、妊婦さん産婦さんには負担はかけられないという

 ことを考えておきましょう。

 引っ越しの後で、破水や出血、おなかが張り出して入院、なんてことも

 たくさん経験していますし、産後は産後で赤ちゃんやお母さんの体調不良

 乳腺炎、めまいや頭痛などが始まる方もいらっしゃいました。

 産前産後を軽く見すぎてはいけないと思います。

 とはいえ、これからの季節は転勤などで引っ越しもやむを得ない事も

 考えられますよね。

 くれぐれも最善の注意を払って、周囲の方にお手伝いを頼むとか、

 少し金額は高くなっても、らくらくパックをお願いしてみるとか、

 お母さんの負担を極力軽くするよう、計画していただきたいと思い

 ます。

 引っ越し後は焦って片づけたりしなくても、まずは体を休めつつ

 少しずつ荷物をほどいていきましょう。

 一気に何かをこなしていくことは、ママ一人のからだの時はできて

 いたことが、難しくなるのが産前産後です。

 どうぞ、「命を育てている」ことを忘れないでくださいね!!

 
 
[ 2017/02/08 17:10 ] 子育て | TB(-) | CM(-)

楽しいイベントのお知らせ!!

こんにちは!!
寒いとはいえ、何となくなんとなく、春の匂いを感じさせる
今日この頃。
でも、インフルエンザは流行っているようですね。

今日は、3月の楽しいプチイベントを計画したので
皆様にお知らせです。

内容は以下の通りです。

     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

子育て中のお母さん、寒い日が続いていますね。

ちょこっと近所のおばちゃんちへ遊びに行く感覚で

お子さんと一緒にお出かけしませんか。

ママの心と体があったか~くなりますように…と、
こんなミニミニイベントを行います。


● 「みんなで子育て~ママの心と体をホッとHOT~」



●日時 2016年3月11日(金)午前10時~正午



●場所 福山市内のおうち



●対象 生後2カ月以上の赤ちゃんとママ 

     先着3組

     

●内容  ◇助産師・西田啓子の「育児&ママの何でも相談」


【子育て中のママが気になっていること、何でもOK】

     ・赤ちゃんの状態(同じ方向ばかり向いて寝る、よく泣く、
                       反り返る、うなる…など)

     ・赤ちゃんの体(体重、手足の冷え、便秘、出べそ、
                         離乳食…など)

     

      ◇認定カキラリスト・岡田千恵の
         「ろっ骨エクササイズKaQiLa~カキラ~」

     【子育て中のママの体をリラックス】

     ・ろっ骨エクササイズKaQiLa~カキラ~でママの体を
      いたわります

     ※カキラは、深い呼吸とともにゆっくりとした動きで
       関節を刺激。体の働きを高める新しいエクササイズ
       です



     ♪カキラで体をほぐした後、ゆっくり楽しく、ママの
                     何でも相談タイムです♪

      

●参加費 1組2500円(お茶付き)



●持参物 バスタオル1枚、飲み物(ママとお子様用)、
       お気に入りのおもちゃ、お子様の着替え、
       動きやすい服装で


●申し込み方法 電話で084-960-5932にしだ助産所
                  (福山市神辺町道上1943-1)まで。
       ママとお子様のお名前・年齢、住所、電話番号をお聞きして、
        折り返し、案内状を送ります。

       ♪ご参加、お待ちしていま~す


といった内容です。

カキラリストの岡田さんは、幼稚園の先生として
お勤めされた後、私が7年間「みんなで子育て」
のコラムを掲載していた、福山リビング新聞社で
編集に携わっていらっしゃった、とても素敵で、私が
大好きな女性の一人です♪
「カキラ」については、中国地方でも数少ない
インストラクターのおひとりです。

育児で疲れているママたちはとっても胸が閉じています。
育児中は前かがみの姿勢が多くなり、ついつい猫背に
なってしまいがち。
呼吸がとても浅くなり、代謝が落ちやすく、気持ちも
沈みがちになります。
そんなママたちに、いつでもどこでも気軽にできる
「カキラ」はピッタリでは?思いました。

体を動かした後、お茶を飲みながら”育児のご相談”
という形になりますね。

今回初めての取り組みになるため、申し訳ないのですが、
慎重に、3組様までとさせていただきました。
申し込みが多くなるようでしたら、今後の計画も立てて
行こうかな?って思っています。

連絡先が私になっていますので、講演中とか、仕事中は
お電話に出られないことがありますので、ご了承ください<(_ _)>

申し込みのお電話は20時以降でも構わないので、
ご連絡お待ちしております!!

是非是非!! (^^)v
[ 2016/02/11 13:58 ] 子育て | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。