助産師 西田啓子のつぶやき

母と子の心と体に触れる日々の中で、感じたこと・伝えたいことをつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベビーマッサージって?

ベビーマッサーッジ・・・私も一応、そのようなメニューで

予約をいただいたり、サークルをしたりしていますが、

なんなんでしょうね??

私は、とりあえず、お母さんが赤ちゃんを触る、なでる、

それを心地よく、日々の生活の中で赤ちゃんに触ってもらうことを

目指しています。

心地よく触ってもらうことで、赤ちゃんは新生児から心身ともに育って

いくことが出来ると思っています。

その、心地よい触り方や、月齢に応じた発達を促す遊び方・・・

あるいは、上のお子さんと一緒に関わる方法など・・・

そんなことをお母さんやお父さん方に知っていただきたいんですね。

かつては、同居や身近にいる年上の人たちのあやし方や、声のかけ方

を見よう見まねで学んでいたのです。

私も、こんな仕事をしていても、学校では教わらないことなのですよ!!

子供を産んで、父や母や姉のかかわり方を見つつ、自分も真似を

してきただけです。

最近は、もう少し、専門的な学びをしつつ、子育てが少しでも楽しめる

ような事を、お母さんお父さん方にお伝えできたらいいな~~と思っています。

時々、パパと一緒に必ず相談に来られる方が増えてきましたが、

お二人で、赤ちゃんの成長や発達を喜びにされていると、本当に

子育てが楽しくなったといわれます。

子育ては、体力的にも厳しいことがあります。

でも、子供の成長や発達を喜びに変えていけると、とても楽しく

なるものではないかと思います。

「楽にする」ということと、「楽しむ」ということは、少し違うかな?

って思います。

ベビーマッサージの目的を私はそこに見出したいなと思います。

本当に楽しむためには、「よく知る」ってことだと思っています。

赤ちゃんそれぞれに個性があり、困ったことを「ネット」で検索しても、

決して本当の解決にはならないことが多いようです。

個性を大切にして、わが子に寄り添った子育てが楽しめるような

そんな関わり方をベビーマッサージを通してお伝えできたら・・・

って思います。

今日は、ヨーカドーの相談日です。

午後1時から、順番になりますが、3時45分までの予約です。

良かったら遊びにおいでください(^_^)/


スポンサーサイト
[ 2013/06/28 09:50 ] 子育て | TB(-) | CM(-)

暑かったり、涼しかったり・・・

おはようございます。

今朝は、気持ちよく涼やかな朝ですね。

雨も適度に降ってくれて、埃を洗い流してくれています。

毎日、結構忙しくバタバタしていますが、ご相談の方も

気を使ってくださって、「お忙しいのにすいません」って

こちらこそ・・・

私は、仕事のなので、頂いた予約はありがたいのですよ。

気にしないでくださいね。

このところ、ご予約内容も少し変わってきています。

育児の相談はもちろんあるのですが、お母さんご自身の悩みや、

子育てでも、育児スキルだけではなく、メンタルなご相談が

増えてきています。

育児に向き合っていらっしゃるお母さん方のニーズが

そこにあるように思えます。

私たちの世代は、まだまだ、ご近所のお母さんたちと毎日の

ように子供たちを遊ばせながら、愚痴や悩みを話していたものですが、

今の時代、なかなかそれが困難な状態のようです。

ご近所に頻繁に会えるお友達がいなかったり、メールだと

込み入った相談が出来なかったりと…

それから、あまり自分自身の弱いところや悩んでいる本質は

なかなか言えないものなのでしょう。

そんな、お母さん方の心の重さが、より子育てを辛いものに

しているようです。

みんな、わが子はかわいいのにね…

育児をしつつ、自分の中の子供の部分を見つめさせてくれ事が

子育ての素晴らしさだと思っています。

ただ、自分の中で育っていない子供の部分を成長させるには

やはり、大人の力が必要なのではないでしょうか?

そんなときに、お母さんご自身の相談が必要になるのでしょうね。

親に、色んな事を気づかせてくれる子供の存在って、すごいですね。

いつも感動しています。

そろそろ時間になりました。

これから、大学に行ってきますね~~~(^.^)/~~~

女子大生、女子大生!!







[ 2013/06/24 09:05 ] 子育て | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。