助産師 西田啓子のつぶやき

母と子の心と体に触れる日々の中で、感じたこと・伝えたいことをつづります
月別アーカイブ  [ 2013年11月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

寒さに向かって

ここ数日、急に冷え込んできました。

暑くなっても、寒くなっても、1歳未満の赤ちゃんにとっては

夜泣きがついて回りますね!!

いくつか気を付けてほしいこと箇条書きにしますね。

  ①窓際や外に面している壁際にベビーベッドや赤ちゃんの
   お布団をひかないでください。夜間冷え込むと起きやす
   くなります。
  
  ②寒いからと言って、上半身ばかり厚着をさせないで!!
   逆に暑くて汗をかいて起きてきます。

 
  ③お風呂は、寝る前直前より、1時間半から2時間前には
   入浴しておいてください。
   
    *ご家庭の事情もあると思うので、この辺りは臨機応変に!!


  ④首まですっぽりとお湯につけるのではなく、おっぱいの
   下あたりまでゆっくりと遊びながら入れてあげて!
   温まりすぎると、寝る頃、逆に足が冷えてくるのです。

  ⑤寝る前に、足のマッサージやお尻のマッサージを
   ゆる~~くしてみて。

  ⑥寝る前の遊びは、興奮しないように!!
   パパが張り切って「きゃ~~きゃ~~」と言って激しく
   遊ぶと、赤ちゃんは興奮して夜中に起きやすくなりますよ!!

   遊びたい気持ちと、楽しみたい気持ちは痛いほどわかるのですが、
   夜はできるだけ静かに遊んでくださいね(^_-)-☆

  ⑦おなか周りと、ふくらはぎ辺りは温かくして寝かせてください。


以上、寝るときの注意でした。それでもなく場合は、ベビーベッドの場合
 
冷えることも考えて、できれば一緒に寝る方が安心するかもしれませんね。

赤ちゃんは、動くと汗をかき、寝ると冷えてきます。

こまめな衣類の調節と、外と、室内での脱いだり着せたりを忘れないように。

冷えて風邪をひくこともあれば、汗が冷えて風邪をひくこともあるのです。

なかなか難しいですよね。

でも、意識していれば、親の方も自然にできるようになるものです、

初めは少しの意識と努力が必要かも…

今日は、「まこと保育園」の子育て支援です!!

行ってきま~~す(^_^)/








 
スポンサーサイト
[ 2013/11/13 09:25 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。