助産師 西田啓子のつぶやき

母と子の心と体に触れる日々の中で、感じたこと・伝えたいことをつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

よろしくお願いいたします

 こんにちは!久々のブログです。
 
 6~7年前でしょうか?しばらくのあいだつぶやいていましたが、諸事情と仕事に追われてしまい
 いつの間にか、サイトまで無くなってしまいました(笑)

 今回、娘がHPを作成してくれることになり、久々のブログ再開です。
 
 皆様、よろしくお願いいたします。

 さて、新年度に突入いたします。
 
 にしだ助産所の状況変化をお知らせいたしますね。

 少し長くなるかもしれませんが、お時間のある方はお付き合いくださいね<(_ _)>

 
 実は、昨年4月から、わたくし西田啓子は大学院の臨床心理学研究科・・・に入学予定になっていました。

 しかし、義母が亡くなったり、その他さまざまな理由から休学を選択しました。

 が、この4月から、ついに女子大生に復活??することとなりました。

 そうなると、これまでの仕事量(お産、相談、ヨーカドー、ベビマ、ヨーガ、講演会その他・・)

 をこなすことはまずもって困難です。

 もっとも難しいことは、「お産」です。

 様々な場所でのお産を目指して開業したのは、ちょうど10年前。

 自宅出産に関わっていたころから考えると、約15年間、病院以外での出産に関わらせていただきました。

 たくさんの貴重な経験をさせていただきましたが、大学院で学ぶためには、「お産」と「学び」の二足のわらじ

 を履くことは、どちらも中途半端になり申し訳ない状況を作ってしまうと考え、悩みに悩んだ末、当面2年間は

 「お産」をお休みさせていただくことにいたしました。

 お問合わせしてくださる方にお断りの言葉を言わなければならないことはとても心苦しいのですが、「命」を
 
 お預かりするわけですから、いい加減なお返事はできません。
 
 本当に申し訳ありません。

 「お産」から「学び」へ方向を変えた理由は、本当は「お産」のためなのです。

 「どこで産むか」より、「どう産むか」が大切なこと。

 そのためのお手伝いとして、「学ぶこと」を決めました。

 では、その点については、次回の「つぶやき」で書かせていただきますね!!

 では、今後とも、よろしくお願いします!!  

 最後までお付き合い頂き、感謝!!  (^_^)/

 

にしだ助産所のHPはこちらです。
スポンサーサイト
[ 2013/02/19 08:22 ] 日々のつぶやき | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。