助産師 西田啓子のつぶやき

母と子の心と体に触れる日々の中で、感じたこと・伝えたいことをつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

学びの訳

 4月からの大学院入学に向け、「お産」のご依頼をお受けすることが難しくなりました。

 10年前、「産む場所の選択肢を広げたい」との思いから助産所を立ち上げました。
 
 15年間、自然な出産と関わってきて感じたことは、「どこで産むか」も大切だけれど、

 「どう産むか」ということは、もっと大切なのではないかということです。

 この15年間の環境の変化はとっても激しいものだったと思います。

 とにかく、情報が膨大で、手軽にたくさんの情報が手に入るようになってきました。

 悪いことではないと思います。

 けれど、妊娠中や産後の敏感な時期にあるお母さん方にとっては、一喜一憂、不安になったり

 安心してみたり・・・

 心と体と頭の中の整理がなかなかできないまま、出産、育児に突入しているように思います。

 整理ができないと、色んな所に気を遣って、余分なエネルギーを消耗して疲れてしまいます。

 赤ちゃんを日常生活の中に迎えるためには、色んな準備が必要ですが、

 「準備」と聞くと、ほとんどの方が、衣類や、ベッド、おもちゃなどの育児用品を

 思い浮かべると思います。

 もちろん、育児用品も「必要物品」ではありますが、それ以外に大切な「心と体」の

 準備と整理があると思います。

 そうする中で、出産に向かう「覚悟」、育てていく「覚悟」が生まれてくると思うのです。

 目に見えない、こういった「準備」はついつい後回しになったり、気づかず放置されたり・・・

 私が、助産所という場所でお母さんたちとお話をしてきたことは、「覚悟」するための

 お話であったと気づきました。

 整理できない状況では、心と体が疲れ切ってしまいます。

 そんな、一人では難しい「心と体と頭の整理」のお手伝いができればいいな~

 と思ったことがきっかけで、もっともっと「心の勉強がしたい!!」

 これが、心理学を学ぶきっかけになったのです。 

 相談に来られる方は、育児で困っている方はポイントがはっきりしてこられます。

 けれど、妊娠中の方は「何が聞きたいのかよくわからないけれど、とりあえず、
 
 『行ってみたら?』といわれて来ました。」
 
 って言われる方がほとんどです。それでもいいのです。

 話をしていくうちに、色々と考えなければいけないこと、知らずに過ごしてきたこと・・・

 などなど、たくさん出てきて、「スッキリしました!!」って帰られます。

 おなかの張りがおさまる方もいらっしゃいました。

 そんなわけで、お産のお手伝いは、「産むお手伝い」だけではなく「整理」することも

 大切。お産を知っている助産師だからこそできる「心と体と頭の整理」が今後とっても

 必要になるのではないかと思っています。

 「学びの訳」はこんなところですが、

 もう一点、赤ちゃんの発達の関係からの「学びの訳」について次回は書かせていただこう

 と思っています。

 長々読んでいただいてありがとうございます~~~(^_^)/




にしだ助産所のHPはこちらです。


 
スポンサーサイト
[ 2013/02/20 08:43 ] 日々のつぶやき | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。