助産師 西田啓子のつぶやき

母と子の心と体に触れる日々の中で、感じたこと・伝えたいことをつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いい天気

ソロソロ連休も後半ですね。

いいお天気です。

私は、明日(6日)から学校再開です。

大学は連休を一気にまとめてしまうので、明日から振替で

講義が始まります。

ブログを最初から読んでいただいている方は、ご存知なのですが、

まだまだ、お産の問い合わせが続いています。

本当に申し訳ありません。

当面、最低2年間は、大学院で学ぶためお産はお休みさせて

いただきます<(_ _)>

自然分娩に関わる中、「どこで産むか」ということよりも

「自分がどう産むか」が大切なのだと気づいたことが

大学院進学への大きな理由になりました。

妊娠中から、「産む」ことへの覚悟と、自分自身と向き合う

ことが、出産には重要だと思っています。

自然分娩に関わったからこそ、見えてきたことです。

「産む」ことのご相談はいつでもお受けいたします。

「お産」ってどういうものなのか、情報ではなく

きちんとした知識を持つこと、命と向き合うこと、

そんなことを知りたいと思われる方は、いつでも

ご相談予約お待ちしています。

大切なことは、「命を生み出すこと」

そこから、「向き合って育てる」ことが始まるのだと

思っています。

少し真面目な話になりましたね (^o^)丿

スポンサーサイト
[ 2013/05/05 11:41 ] お知らせ | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。