助産師 西田啓子のつぶやき

母と子の心と体に触れる日々の中で、感じたこと・伝えたいことをつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春の準備と卒乳

4月を目の前に、お母さん方の職場復帰に伴いお子様の卒乳に関するお悩みが

増えてきています。

卒乳に関する情報はかなりあいまいで、ちゃんとした情報がすくないと思います。

ネットの書き込みや掲示板からの情報で卒乳に踏み切り、困って電話をして

こられるかたが結構いらっしゃいます。

保育所や、おばあちゃんにお子さんを預けたり・・・ってことで、

おっぱおをどうしようか?というお悩みです。

詳しい卒乳方法はここで書くことはできないのですが、卒乳の心構え?

について少し触れてみますね。

赤ちゃんにとって、生まれてからずっと飲んできたおっぱいは

生きるためでもあり、心の支えでもあるのです。

卒乳を、急な思い付きで踏み切る方もいらっしゃいますが、緊急時

以外はできるだけしっかりと考えて、納得のいく形で始められることを

お勧めします。

基本的に、私自身は、赤ちゃんが歩き始めたら、卒乳の時期はそれぞれ

お母さん方が決めればいいと思っています。

授乳がいやでたまらなくなってきたり、睡眠不足からの体調不良、

赤ちゃんの貧血が強い時、あまりにも赤ちゃんの体重が増えない、

妊娠されて体調が悪い時など…

お母さん自身がどうしたいのかを、しっかりと考えてください。

お友達が卒乳したから、周囲から卒乳を勧められて・・・など

人の責任でやめないようにしましょうね!!

あくまで、自分の意思をしっかりと確認して、踏み切ってほしい

と思います。

なぜかというと、おっぱいをやめるということは、


「泣いてもわめいても飲まさない!!」ということです。

短くても3日間は泣くものと思ってください。

お子さんに泣かれ、おっぱいは岩のように張り切ってきます。

痛さと、辛さで、負けてしまうのですね~~~

赤ちゃんに「たくさん飲んでくれてありがとう!!」と感謝して、

おっぱいじゃない方法で楽しんでいこうね!!って、赤ちゃんと

話し合って、卒業しましょう。

お母さん方は、「泣かせるのがかわいそう」って言われますが、

卒業式って泣く人はたくさんいますよね。

でも、かわいそう!!って言わないでしょう?

泣いてかわいそうだから、もう一年学校に残る?って言わないよね?

次へのステップのために卒業はあるのです。

しっかり考えて、お母さん自身の思いを確認し、覚悟を決めてくださいね。

次回は、やめたらどうなる?

ってテーマで書いてみたいと思います。(^_^)/



にしだ助産所のHPはこちらです。
スポンサーサイト
[ 2013/02/25 17:40 ] 子育て | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。