FC2ブログ

助産師 西田啓子のつぶやき

母と子の心と体に触れる日々の中で、感じたこと・伝えたいことをつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おっぱい注意報

急激に暑くなり始めてから、おっぱいトラブルのお電話が相次いています。

しかも、詰まる場所がほとんど同じ。

おっぱいの内側のやや上部。こりこりのしこりで、急に痛くなったのではないので

ついつい、様子を見ていたら・・・と言った方が多いです。

私の分析としては…毎年この時期はこの部位のつまりが多くなります。

これって、冷房の冷えかな?って。

首筋がみなさんとっても冷えています。首回りや方も大きく開いてているものを

切られていたり、短パンで生足の方も多いですね。

暑いのでついつい大きく肌を露出してしまいがち。でも、冷房に入ると

汗をかいた体は急激に冷えてしまいます。

そんなこんなに加えて、冷たいものや高カロリーのアイスクリームなど、

が引き金となって詰まるのかな?などと勝手に考えていますが、

冷え対応で結構改善されるので、やっぱり冷えは大きいかなと思います。

どうぞ授乳中のお母さん方、冷房の中では、首にタオルかストール。

カーディガンを羽織って、寝るときにはシルク木綿のレッグウォーマー

を是非つけてください!!

暑い夏ほど、冷え対策を万全に。

夏が過ぎると、ヘロヘロにばててこられます。

秋口には、おっぱいの下の方がゴリゴリ詰まる方が増えてきます。

夏バテ、胃の疲れかな?って思っています。

頑張ろう!! 暑い夏!!   お昼寝もしてくださいね!
スポンサーサイト
[ 2015/07/31 07:25 ] お母さんの体 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。