助産師 西田啓子のつぶやき

母と子の心と体に触れる日々の中で、感じたこと・伝えたいことをつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男性育児講座

25日(土)に、保育所の子育て講座として「男性育児講座」

のようなものをさせていただきました。

たくさんのパパやママにご参加いただき、感謝しています。

私は、男性だから女性だからではなくそれぞれができる事を

できる人がやっていく。という形が今の社会には必要なのかなと

思っています。

「子育てを手伝う」とかではなく、子育てはお互い二人の仕事です。

二人ですることが原則だと思います。

けれど、得意なこと不得意なことお互いにあります。どんなに頑張っ

手も早い時間帯に帰ってこれないパパの仕事状況もあります。

どうやっても、子どもとのかかわりが苦手な人、家事が苦手な人

いますよね。色々です。

出来ないことを無理やりやることよりも、できることを

できる人がやっていった方が効率的です。

パパが片付けや料理を担当して、ママは子育てに専念って

ご家庭もあります。

パパの方が子どもの扱いが上手なので、パパが遊びを担当

しているご家庭もあります。

パパだから、ママだから、男だから、女だからではなく、

お互いの得意分野を認め合って育てていけたら楽なのでは

ないでしょうか。

核家族化、ご近所とのつながりが希薄になってきた現代、家族の中で、

家族として力を出し合うことが大切なのでないでしょうか。

ただ、育児に関しては経験もありませんし、何をやっていいかわからない

パパやママたちも多くいらっしゃいます。

手を出せばママに叱られたり、文句を言われたり・・・(^_^;)

だから、パパにもできることを増やしていけたらなと思います。

そして、そんなに大したこと絵はないんだということを知ってもらいたい

のです。

今回は、「産後のママのからだについて」 「赤ちゃんのいる生活」

「赤ちゃんの発達」 「よくある困りごと」

等のお話をさせていただき、途中、さまざまな月齢年齢の子どもさんの

遊び方や動き、抱っこの方法など、実際に動いている赤ちゃんを見て

いただきながら目の前で、「解説」??(^_^;)

させていただいたので、とてもわかりやすかったのではないかと思います。

ご質問も活発にしていただき、それぞれの悩みを共有することで

「今後こんな悩みもあるんだな~」 とか「少し前までそんなことあったよな~」

とか、様々なおもいで聞かれていたのではないでしょうか。

何より、ご夫婦でほかのご家庭の子育ての悩みを知るということはとても

大切!!

私もとても学びになりました。

皆様お疲れ様でした。ありがとうございました。<(_ _)>



スポンサーサイト
[ 2017/02/26 12:34 ] 子育て | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。