FC2ブログ

助産師 西田啓子のつぶやき

母と子の心と体に触れる日々の中で、感じたこと・伝えたいことをつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お盆休みの過ごし方

いよいよ、お盆休み突入ですね。

私にはあまり関係ないし、お盆こそ忙しいという方も

いらっしゃるでしょう。

今日は、赤ちゃんが生まれて初めてのお盆、または里帰りや

夫の実家への帰省時に気を付けていただきたいことなど少し書いてみますね。

いつも行っている場所なら慣れてもいるでしょうが、初めてのお泊り、

赤ちゃんを連れてのお泊りなどは今までとは少し違った状況になると思います。

遠方への帰省は、電車か車か…

電車の中ではできるだけ多目的ルームの近くの座席をキープする、

新幹線を降りてからの移動方法を考えておくこと。

電車の乗継は赤ちゃんにとっては(特に生後間もない2~3か月)結構つらいものです。

出来れば新幹線を降りて車か、タクシーなどの利用が望ましいかな?

車での注意は、移動時間を考えて、途中休憩を頻繁にとり、水分補給など母子ともに

忘れないように。授乳中はお母さんも水分補給が重要です。

チャイルドシートに乗せっぱなしも赤ちゃんは疲れます。

夜泣きなど、いつもはなかった状況も考えておいてくださいね。

環境が変わり、周りの人もかわいいのでいろんな方に抱っこされることでしょう。

とてもいいことなのですが、初めての経験で赤ちゃんは夜泣きなどを

起こすことも考えられるので、そのようなときには、ゆったりと対応してあげて

ください特にそばにいるお父さんは、お母さんをゆったりと支えてあげてくださいね。

おっぱいを加えたり、おさゆを少し口にすることで安心する赤ちゃんもいると思います。

オトナにとっては、毎年のことで慣れている事であっても、赤ちゃんにとってはすべて

が初めてのことです。また、赤ちゃんだから何もわからないものではありません。

分らないからこそ、不安になって泣くこともあるので、あまりに泣く時には、

お母さんから必要以上に離さない方がいいかもしれません。

あかちゃんにもいろいろタイプがあり、なんともない赤ちゃんもいれば

人見知りの時期によってはとても不安で泣きっぱなしの赤ちゃんもいますよ。

泣くからダメな赤ちゃんではありませんから、そのあたりは、おじいちゃんや

おばあちゃんも理解して、不用意にお母さんや赤ちゃんを傷つけるような言葉

は避けてくださいね。

例えば…「この子は神経質じゃなあ」とか、「うちの息子はこんなことなかった、

誰に似たんかなあ?」とか、「人に慣れん子は損するよ」とか・・・

また、他の兄弟の子と比べたりすることだけは、絶対にやめてほしいことの一つです。

それぞれの個性を楽しんで見守ってあげていただきたいなと思います。

楽しいお休みになることを祈っています・・・(^o^)丿
[ 2015/08/13 09:51 ] 子育て | TB(-) | CM(-)

親子ヨガ

おはようございます。

うんと、うんと、暑くなってきましたね。

いよいよ夏本番!!!!

家にいるのが嫌になってきます。

電気代はかさむし、母子でイライラしてしまうし・・・

今日は、10時過ぎから、神辺文化センターで、ドロップスという育児支援の

イベントで親子ヨガを少々…

暑い時こそ、涼しいところで体を動かして汗をかいてみましょう。

おうちの中でどうやって遊べばいいの?という遊び方や、

体の動かし方をやってみようかと思います。

夏の暮らし方、生活の仕方についてもお話ししようと思います。

質問もお受けいたしますよ!!

どうぞご参加ください。
[ 2015/07/21 08:38 ] 子育て | TB(-) | CM(-)

Q & A 第3弾

私的な都合でバタバタしており、更新できませんでした<(_ _)>

Q:育児を楽にできるおもちゃや育児用品の選び方

 A:最近、育児雑誌で目にする育児用品は本当に多種類になってきました。
  中には、「ほんとに??」と、不安になるようなうたい文句で売り出している
  育児用品もあるので、メーカーのおすすめないようにつられないようにし
  てくださいね。
  特に、ママが楽になれますよ~なんていうキャッチコピーの商品は
  よ~く考えて調べてくださいね。
  ママは確かに楽になるだろうけれど、赤ちゃんの発達にとってどうなの?
  というものも結構あります。
  
  最近、バンボベビーチェアはどこに行っても、目にするようになりました。
  短時間であればいいのですが、生後4か月くらいから一日に何時間も
  入っている赤ちゃんは、寝返りやお座りがなかなか進まないという
  相談が多くあります。
  また、バウンサーなども、中に入って泣かずにいてくれると、ついつい
  長時間入れてしまいます。そうすると、バンボ同様、寝返りやお座り
  ハイハイなど、遅れがちになってくる赤ちゃんが多いように思います。

  ママがお昼間一人で赤ちゃんと関わっているときどんなものでも
  少しは泣かずにいてくれるものが欲しくなります。
  また、住宅環境から、なせることが出来ないご家庭もありますので、
  絶対に使わないでとは言わないのですが、どんなものでも、
  使い方や、時間、をしっかりと考えて、泣く時間も必要なのだと
  思っていただければ嬉しいです。
  どんなものでも、使いっぱなし、入れっぱなしだけは注意してくださいね。

  また、おもちゃですが、新生児期から音のでる軽いガラガラや
  オルゴールなど、まずは耳に働きかけられるもの、そして、
  目がはっきりと見えるようになると、メリーなど動くものを見
  て楽しめるようなものが赤ちゃんの五感に働きかけるでしょう。

  3か月ころになると、両手を前で組めるようになっていきます。
  オーボールなどのような軽くて指が引っ掛かりやすいものなど
  が発達を助けてくれます。

  ただし!!大切なことは、おもちゃは、赤ちゃんが一人で使う
  ものではなく、必ず大人と赤ちゃんとのあいだで一緒に楽し
  むためのアイテムだと思ってください。
  一人遊びはまだまだ無理です。
  一緒に楽しむという気持ちで、おもちゃを選んでいただけれ
  ばと思います。

  また、木のおもちゃは、すべての赤ちゃんが好きみたいです!。
[ 2015/06/28 08:35 ] 子育て | TB(-) | CM(-)

ベビーマッサージって?

ベビーマッサーッジ・・・私も一応、そのようなメニューで

予約をいただいたり、サークルをしたりしていますが、

なんなんでしょうね??

私は、とりあえず、お母さんが赤ちゃんを触る、なでる、

それを心地よく、日々の生活の中で赤ちゃんに触ってもらうことを

目指しています。

心地よく触ってもらうことで、赤ちゃんは新生児から心身ともに育って

いくことが出来ると思っています。

その、心地よい触り方や、月齢に応じた発達を促す遊び方・・・

あるいは、上のお子さんと一緒に関わる方法など・・・

そんなことをお母さんやお父さん方に知っていただきたいんですね。

かつては、同居や身近にいる年上の人たちのあやし方や、声のかけ方

を見よう見まねで学んでいたのです。

私も、こんな仕事をしていても、学校では教わらないことなのですよ!!

子供を産んで、父や母や姉のかかわり方を見つつ、自分も真似を

してきただけです。

最近は、もう少し、専門的な学びをしつつ、子育てが少しでも楽しめる

ような事を、お母さんお父さん方にお伝えできたらいいな~~と思っています。

時々、パパと一緒に必ず相談に来られる方が増えてきましたが、

お二人で、赤ちゃんの成長や発達を喜びにされていると、本当に

子育てが楽しくなったといわれます。

子育ては、体力的にも厳しいことがあります。

でも、子供の成長や発達を喜びに変えていけると、とても楽しく

なるものではないかと思います。

「楽にする」ということと、「楽しむ」ということは、少し違うかな?

って思います。

ベビーマッサージの目的を私はそこに見出したいなと思います。

本当に楽しむためには、「よく知る」ってことだと思っています。

赤ちゃんそれぞれに個性があり、困ったことを「ネット」で検索しても、

決して本当の解決にはならないことが多いようです。

個性を大切にして、わが子に寄り添った子育てが楽しめるような

そんな関わり方をベビーマッサージを通してお伝えできたら・・・

って思います。

今日は、ヨーカドーの相談日です。

午後1時から、順番になりますが、3時45分までの予約です。

良かったら遊びにおいでください(^_^)/


[ 2013/06/28 09:50 ] 子育て | TB(-) | CM(-)

暑かったり、涼しかったり・・・

おはようございます。

今朝は、気持ちよく涼やかな朝ですね。

雨も適度に降ってくれて、埃を洗い流してくれています。

毎日、結構忙しくバタバタしていますが、ご相談の方も

気を使ってくださって、「お忙しいのにすいません」って

こちらこそ・・・

私は、仕事のなので、頂いた予約はありがたいのですよ。

気にしないでくださいね。

このところ、ご予約内容も少し変わってきています。

育児の相談はもちろんあるのですが、お母さんご自身の悩みや、

子育てでも、育児スキルだけではなく、メンタルなご相談が

増えてきています。

育児に向き合っていらっしゃるお母さん方のニーズが

そこにあるように思えます。

私たちの世代は、まだまだ、ご近所のお母さんたちと毎日の

ように子供たちを遊ばせながら、愚痴や悩みを話していたものですが、

今の時代、なかなかそれが困難な状態のようです。

ご近所に頻繁に会えるお友達がいなかったり、メールだと

込み入った相談が出来なかったりと…

それから、あまり自分自身の弱いところや悩んでいる本質は

なかなか言えないものなのでしょう。

そんな、お母さん方の心の重さが、より子育てを辛いものに

しているようです。

みんな、わが子はかわいいのにね…

育児をしつつ、自分の中の子供の部分を見つめさせてくれ事が

子育ての素晴らしさだと思っています。

ただ、自分の中で育っていない子供の部分を成長させるには

やはり、大人の力が必要なのではないでしょうか?

そんなときに、お母さんご自身の相談が必要になるのでしょうね。

親に、色んな事を気づかせてくれる子供の存在って、すごいですね。

いつも感動しています。

そろそろ時間になりました。

これから、大学に行ってきますね~~~(^.^)/~~~

女子大生、女子大生!!







[ 2013/06/24 09:05 ] 子育て | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。