FC2ブログ

助産師 西田啓子のつぶやき

母と子の心と体に触れる日々の中で、感じたこと・伝えたいことをつづります

パパが嫌い?

今回は、よくあるパパに関するご相談について書いてみます。

まず、4か月前後・・・社会性が出てくる時期です。

よく見る顔とそうでない顔が少しづつ判別できる月齢になります。

そうすると、パパが帰ってきてパパの顔を見ると大泣きしてしまい

どうにもならない。または、パパが帰宅拒否になってしまいそう。

なんていうご相談がしばしばあります。

これは、一番一緒にいて一番顔をよく見るママとたま~に見る

パパの顔との区別がつき始めたという、実は喜ばしいことなんですね。

記憶の成長も関係していると思いますが、パパにとってはなかなか

つらい試練の時期かも…です。

でも、パパとママが仲良くお話したり、一緒にいる姿を見ていると

徐々に、「大好きなママが嫌っていないのなら、まんざら悪い人では

ないのかも・・・」と、赤ちゃんもパパという存在を認めて行けるようなのです。

パパが決して嫌いなわけではないので、気分を悪くしてママに八つ当たり

など決してしないでね。それこそ、「パパは怖い人、大好きなママを困らせる人」

になってしまいます。

「これも成長の一つ」と思い、広い心で時期を待ちましょう。


また、パパが「こっちおいで」と言っても一向に近寄らなかったり

だっこしようとしても嫌がったりすることは、もう少し大きくなって、

8~11か月くらいで見られることがあります。

そんな時、パパの接し方を少し考えてみてください。

パパの都合でだっこしようとしたり、赤ちゃんが遊んでいるときに

急に話しかけたり抱き上げようとしたりしていませんか?

また、ハイハイなど動くようになると、物に触ったり、おもちゃで遊びながら、

大人の顔を振り返ることが良くあります。

これは、「ほら見て、私触れたよ。とか、音が鳴ったよ!!」

など、赤ちゃんが感動や喜びを大人に伝えて共感してほしい時

があります。そんな時、パパは携帯ゲームやテレビに夢中になって

いて赤ちゃんのしぐさに気づかなかったりすることがありませんか?

あかちゃんからしてみれば、見てほしい時には見ててくれないのに、

抱っこしたい時だけ「おいで」とか言われてもねえ・・・・・って、

赤ちゃんは感じてるかも・・・(・.・;)

小さな赤ちゃんでも良く分っているようですよ。

一緒に楽しんでくれたり、自分の要求をわかってくれる人を!!

パパにしてみれば、普段一緒にいない赤ちゃんのどんなところを

みればいいのかわからないと思いますが、赤ちゃんに興味を持って

ください。

赤ちゃんにとってはすべてが初めて接するものなので、オトナに

とっては当たり前のことがとても楽しいのです。

カーテンが揺れることが不思議だったり、ドアが開いたりしまったり

することだけでも面白かったり、赤ちゃんを見ているとどんなことでも

不思議で楽しいんだな・・・って思います。

赤ちゃんの動きをみているとそんな感動がきっと伝わってくると思うん

ですよ。

そんな風にごそごそ動いている赤ちゃんを見ているとこちらもとっても

楽しくなります。そんな時に、ふと赤ちゃんと視線が合うと、自然ににっこりと

笑いあったりすることが出来るかも・・・・

赤ちゃんにとっては、ゆったりと見守ってくれている、そんな瞬間が

とても安心できる時間なのではないでしょうか。
[ 2017/02/16 20:26 ] 子育て | TB(-) | CM(-)

3月のカキラ

カキラについては、少し前に書かせていただき、出没状況にも

アップしてきました。

カキラの参加についてもお問い合わせをいただき感謝です。

3月のカキラの日程が決まりました。

3月2日(木)13時半からです。

お申込みお問い合わせは、にしだ助産所までお願いいたします。

赤ちゃん同伴で構わないので、是非ご参加ください。

毎回とても和やかで楽しい講座になっています。

とにかく、受け入れ人数が少ないのでお早めに!!
[ 2017/02/16 20:03 ] 日々のつぶやき | TB(-) | CM(-)

風邪をひきました

昨年一年、本当に病気もせずよく頑張ってきたと思っていた矢先、

風邪をひいて発熱しました。

でも、私自身は、「やっと風邪が引けた!!」って結構ホッとしています。

「風邪ひいたらいやだな」とか、「子どもに風邪をひかさないように」とか、

良く聞くことがあるのですが、私自身は、必要あって風邪の症状が

出るのだから、逆に風邪をひくとホッとします。

ましてや、熱なんて出てくれたら最高!!

仕事上、ご迷惑をおかけする方もいるかもしれないんですが、

必要なときに必要な症状が出ると信じているので、(今回も

うまく2連休を挟みました(^^)v)

体が、「休みなさい」と教えてくれているのだと思い、しっかりと

休むようにしています。

そうしていると、本当に重要なときは何とか体が踏ん張って

くれているように思います。

風邪は「排毒」とか、言われる方もいらっしゃいますね。

どうなのかはよくわかりませんが、私自身は体が出してくれる

症状は、しっかりと受け止めて「ありがとう」と、お休みさせて

ただいています。

無理をして働いても、結果ほかの方に迷惑をかけたり、後々

もっとつらい目に合うことは身をもって体験しています(^_^;)

子どもたちの熱や体調不良も実は親が疲れているときなんですね。

子どもよりも親が休めてよかったって思いたいです。

親を休ませてくれているんだとおもいます。

わが子も良く熱を出したり、入院したりと大変な時期がありましたが、

今から思えば、究極自分自身が無理に無理を重ねていたなあ・・・

なんて思います。

子どもたちはそれをわかっていてくれたんでしょうね。

子どもってありがたいです。超能力者ですよ。

実際、子どもが入院したら、「家事をしなくてもいいかも・・・」

って、大手を振って病院に付き添っていたかも・・・(^_^;)

風邪さんありがとう!!

今回も、訪問のお約束が中止になってご迷惑をおかけしたのですが、

無理していかせてもらっても、ご迷惑です。ましてや感染でもしたら

大変!!

目の前のお約束よりも、それを無理して守ることの危険を考え

なければなりません。

体調管理は当然必要だし、大切なことですが、それでも必要なときには

色んな症状が出てきます。

腰痛、ぎっくり腰、けがや事故・・・すべて休養が必要なときに

やってくるものだと思い、自分自身のからだに日頃の感謝を

こめつつ労わってあげてくださいね。
[ 2017/02/12 16:21 ] 日々のつぶやき | TB(-) | CM(-)

産前産後のお引越し

 赤ちゃんが生まれるということは家族が増えるということです。

 なので、妊娠中や産後すぐにお引越しを考える方も多い

 ようです。

 でもね、妊娠中と産後早期のお引っ越しは本当に要注意です。

 産前産後はとても母体にとっては負担がかかっている時期です。

 自分の体の中でもう一つの命を育てているわけですからね!!

 当然、母体の内臓にも負担はかかってきます。疲れも取れにくかったり、

 疲れやすかったり・・・・

 そんな時に、通常のからだでも疲れる引越しは相当の負担を

 考えておかなければなりません。

 引っ越しはダメというのではなく、「少々大丈夫だろう」といった油断を

 しないでほしいのです。

 肉体疲労だけでなく、環境が変わることで精神的な負担も多く

 なります。何やかんやの手続きもひっきりなしです。

 妊娠中、産後、とわかって引っ越すのですから、パパや周囲の方も

 それなりの覚悟で、妊婦さん産婦さんには負担はかけられないという

 ことを考えておきましょう。

 引っ越しの後で、破水や出血、おなかが張り出して入院、なんてことも

 たくさん経験していますし、産後は産後で赤ちゃんやお母さんの体調不良

 乳腺炎、めまいや頭痛などが始まる方もいらっしゃいました。

 産前産後を軽く見すぎてはいけないと思います。

 とはいえ、これからの季節は転勤などで引っ越しもやむを得ない事も

 考えられますよね。

 くれぐれも最善の注意を払って、周囲の方にお手伝いを頼むとか、

 少し金額は高くなっても、らくらくパックをお願いしてみるとか、

 お母さんの負担を極力軽くするよう、計画していただきたいと思い

 ます。

 引っ越し後は焦って片づけたりしなくても、まずは体を休めつつ

 少しずつ荷物をほどいていきましょう。

 一気に何かをこなしていくことは、ママ一人のからだの時はできて

 いたことが、難しくなるのが産前産後です。

 どうぞ、「命を育てている」ことを忘れないでくださいね!!

 
 
[ 2017/02/08 17:10 ] 子育て | TB(-) | CM(-)

カキラ

 昨年3月にお知らせしました、カキラ(肋骨エクササイズ)と西田の育児相談

 のセットイベントですが、毎月細々と何とか1年近く継続してきました。

 毎月来られる赤ちゃんが、歩けるようになって、話せるようになって・・・

 お母さんたちも笑顔がとても素敵です。

 体をほぐしつつ、子どもと関わりつつ、ゆっくりと育児の悩みや自分自身の

 悩み、上の子の悩みなどこの一年間をとおしてたくさんお話しできました。

 こころとからだの繋がりを、ご自分のからだを通じて、自分自身のからだの

 変化が子どもさんにも伝わっていくんだという事を経験されたのではない

 かと思います。

 何も知らなければ普通に通り過ごしてしまったことも、会話をすることで、

 「あのぐずりって、そういうことだったんだ~~!!」と、子どもの変化を知る

 ことが出来ます。

 そうすると、困った子どもの行動が、とてもいとおしく思えたり、「ごめんね~、

 きづいてあげられなかったね~~」 って、話せない子どもの気持ちを知る

 ことが出来ます。

 いろんな人と話して、体が楽になって、色んな気づきを経験すれば、

 本当に子育てが楽しくなるんだなって、改めてこのカキラの講座を通して

 感じさせていただいています。

 細々ながら、継続していけたらなってカキラのインストラクター岡田さんとともに

 思っています。

 どうぞ、関心のある方は私に連絡してみてくださいね。

 決して、毎月の継続でなくても構いませんが場所が限られているので、

 人数が増えすぎるとお受けできないこともあります。

 その節は、ごめんなさい。他の講座をご紹介できるかと思います。
[ 2017/02/05 10:31 ] お母さんの体 | TB(-) | CM(-)